今後どうなるの?

安定器(スターター式、ラピッド式、インバーター式)は放電ランプが有る限り
必要なものですので無くなることはありませんが、LED等の新しい光源の
急速な普及により放電ランプが衰退して行く方向であることは間違いないでしょう。
しかし、放電ランプの効率の良さを生かした省エネ方法も研究開発されているもの事実です。
弊社と致しましては、放電ランプが存在する限り各種安定器の製造、
新規開発は継続する所存です。

また、超寿命であるLED等の新しい光源の電源として一般に採用されている
電子回路はLEDの寿命に対して電子部品の寿命の方が短いものが有り
灯具全体としての寿命で考えますとLEDに謳われています寿命より短くなる事が懸念されます。
そこで長寿命である磁気式安定器(スターター式)と同じ構造をしたチョークコイルや
トランスを電源として使用することも検討されており用途は違いますが
LED等の新しい光源においても必要なものに成るかも知れません。